自宅サロン「fuse 〜 for body:heart:spirit〜 」についてのご案内や、すこし掘り下げた専門的な記事を書いてみようと思います♪マニア必見♪
よろしくお願いします〜
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
【お知らせ】こちらのブログを別ブログに統合させていただきます
●【お知らせ】こちらのブログを別ブログに統合させていただきます


ブログにお越しくださり、ありがとうございます。坂本範子です。


このたび、こちらのブログを

別ブログ『原点のワタシにかえる ゼロ・セラピー』へ

統合させていただくことにいたしました。



長らくご愛読くださいまして、ありがとうございました。



今後は『原点のワタシにかえる ゼロ・セラピー』を

変わらずご愛読くださいましたら、幸いです。





最後までおよみくださり、ありがとうございました。
坂本範子

 
11:24 おしごと comments(0)
「場」のちから
 「場」には、ちからがある。


女性なら特に感じ易いかもしれない。

また、その大切さを 無意識に 理解しているかもしれない。


日本人は特に、無意識に「場」になじみやすい気がする。

シリアスな「場」に触れると シリアスなようになるし

イージーな「場」に居ると イージーになる。

だから、どんな「場」に身を置くかは とても大きい。



その「場」の力と言うところで

「和サンガ」という、チームで行う「青空(無)の場」を創造するヒーリングは

「無=無限の可能性」に触れる「場」となり

それは、クライアントさんの青空(無)=無限の可能性に触れる場にもなる。


目先ですぐに現象がおこらなくても

そのエネルギー感覚は、意識のど真ん中に触れている。



大きな変容は

自分の意識に登らないところで

ゆったりと静かに

そして 確かに

起こる と 感じる。




◆ 広島和サンガ会 AOZORA ◆ ⇒ http://wasanga.jugem.jp/
10:01 あおぞら日記 comments(0)
それぞれのペース
 それぞれの ペースが在る。

それぞれの 質がある。

それぞれの 環境が在る。



誰と 比較する必要もない。

何と 比較する必要もない。



ただ、唯一の個である自分を

何とも 比較しようがない。



時には 速く

時には ゆったり

そのペース配分に

理由は要らない。



あなたのペースで 歩を すすめて 大丈夫。
06:36 あおぞら日記 comments(0)
深い祈りの場 ヒロシマ
一人で瞑想するのも、とても素敵。

だけれども、

その程度の差こそあれ

同じ思いで 祈る事 瞑想すること

そんな人たちが集うだけで

とてつもないポテンシャルを秘めた場が形成されます。

「無」の場。

「祈り」の場。

そこから、無限の可能性が生まれます。



そういう意味で、ヒロシマは

今日は一日

世界中の平和を祈る人たちの祈りが

広島の現地で

または

世界中から

その想いが終結する場となります。


今日、すでに

ヒロシマは

いつも以上に

無限の可能性に包まれた場になっています。


そんな一日は

とてつもなく

深く

平和です。



どんな人でも

その深みを感じられる

祈りの一日。

ヒロシマ。

07:42 あおぞら日記 comments(0)
凪 〜なぎ〜

海が凪いでいるとき

なんの動きもないとき

その状態を

「楽しむ」 か

「さびしい」 と感じるか。

 

どちらを感じたとしてもOKなのだけれど

人間がどれだけ経験を積んで進歩しようとも

この二つの心地は

割合の差こそあるものの

いつも心に同居するものなのだ と感じる。

 

 

だから

舞い上がるような楽しさや

どうしようもない寂しさ

それだけを見つめてしまうのと

もう一方の存在をより強調して感じ取ってしまい

その分、リバウンドも大きくやってくる。

 

ニュートラルに

ただありのままを 

みつめること。

 

 

ただ、それだけでいいのだ・・・・

 

と、

 

 

どんな凪のときも

 

心の隅っこに

 

大切に置いておきたい。

22:16 あおぞら日記 comments(0)
No Judjement
 「ノージャッジメント」 判断しない、という意味。


自分がもやもやとしているときは

頭や心の中で、「エゴ」という名前のジャッジマンが

あーだこーだと、ジャッジしている。


他者の事

または

自分の事 を

あれこれ考えるのは

いい時ももちろんあるけれど

「自分を苦しめるような」ジャッジはなくていい。



という話をすると、

「では全く何も考えなくてもいいのか。何も考えずに何をしてもいいのか。」と

極論が出たりするけれど

それも、自分の真ん中をよ〜く見つめてみると

「逃げ」「怠惰」「投げやり」という選択であり

それは自分にとって、真に心地よい選択ではない。



「判断しない」は

「流れとともに行く」ことでもあり

「自分にとって真に心地よい生き方により添う」事

だと、思っています。

06:06 あおぞら日記 comments(0)
リラックスインナータイム 定期的に開催しています
 「リラックス・インナータイム」という会を、定期的に開催しています。


インナータイムとは、体内時間の意味。

自分自身の内側と、リラックスしながら出会って行く時間です。


いわば、「瞑想」です。


「瞑想」というと、特別なひとがする、特別なもののようなイメージを持たれているかたも多いかもしれませんが

どんな方でもとっても気持ちのいい静かな時間です。

「瞑想」にまつわる世間の様々なイメージから、

エネルギー的にクリアに感じていただきたいという意図で

「リラックス・インナータイム」というタイトルにしています。


内容はその時によって様々ですが

インナータイムをまめに持つことによって、どれほどの心身への心地よさが得られるか

要らない感情に過剰に振り回されないようになるのか

そんなことを織り込みながら、

インナータイムを共に過ごしていきます。


ご自分で継続して行うことももちろんできますが

この会ではグループで行います。

仲間とともに静かな時間を過ごすことは、より深くリラックスすることの助けとなります。



自分の体内時間へ意識を向けると

あっという間にゆる〜りとからだがほぐれていって

改めて身体などの素晴らしさを実感できますよ♪


ご興味のある方は、是非いらしてくださいね。



詳細は、メインブログへ ⇒ 
18:58 あおぞら日記 comments(0)
リラックスインナータイム 定期的に開催しています
 「リラックス・インナータイム」という会を、定期的に開催しています。


インナータイムとは、体内時間の意味。

自分自身の内側と、リラックスしながら出会って行く時間です。


いわば、「瞑想」です。


「瞑想」というと、特別なひとがする、特別なもののようなイメージを持たれているかたも多いかもしれませんが

どんな方でもとっても気持ちのいい静かな時間です。

「瞑想」にまつわる世間の様々なイメージから、

エネルギー的にクリアに感じていただきたいという意図で

「リラックス・インナータイム」というタイトルにしています。


内容はその時によって様々ですが

インナータイムをまめに持つことによって、どれほどの心身への心地よさが得られるか

要らない感情に過剰に振り回されないようになるのか

そんなことを織り込みながら、

インナータイムを共に過ごしていきます。


ご自分で継続して行うことももちろんできますが

この会ではグループで行います。

仲間とともに静かな時間を過ごすことは、より深くリラックスすることの助けとなります。



自分の体内時間へ意識を向けると

あっという間にゆる〜りとからだがほぐれていって

改めて身体などの素晴らしさを実感できますよ♪


ご興味のある方は、是非いらしてくださいね。



詳細は、メインブログへ ⇒ 
18:58 あおぞら日記 comments(0)
季節がいつのまにか変わっているように・・・
 思考にとらわれすぎず

あるがままを ただ見る ということを重ねていくと

ある瞬間から ふっと

「ああ、自然とそうなったなあ」と思うことが増えてくる。



おのずと 知らないうちに 

まるで季節がいつの間にか変わっていくように

自然に シフトチェンジされている。


そんな時間は

「必死に努力して」得られるものとは違い

とても地味で まいあがるような達成感はないのだけれど

中心から 本当に変容ていきつつあるのだ

ということを

しみじみと感じられる。



「必死で努力することでしか成し遂げられない」という燃えるような感情しかしらなければ

この静かな少しずつシフトチェンジする感覚は

きっと分からなかっただろう。



ゆったりと満ちていく

この幸せの感覚。



ひたすら地味だけれど、

しみじみと

ただ味わって

生きていこうと思う。



07:36 あおぞら日記 comments(0)
満たされていくとき
 
花は

誰かに認めてもらおうと思って

誰かに褒めてもらおうと思って

咲くのではなく


どうしようもなく

満たされて

ほころぶまま

咲いていく。




深いところが喜びに満たされるとき

深いところが幸せに満たされるとき

それは

派手な高揚する感じとは違い

しみじみと

溢れるように

そう感じずには居られない感じ。






自分にとっての 大切なことは

こんなふうに

静かにひっそりとやってきて

ただ どうしようもなく

満たされていくのだ。
07:11 あおぞら日記 comments(1)
1/44PAGES >>